キャッチコピー・ラボ「新型コロナを乗りきる」コピーを考える

「キャッチコピー・ラボ」とは、お題に合わせてキャッチコピーを制作し、その中から特に優れたキャッチコピーを選ぶワークショップ企画です。
選ばれた作品について話し合いながら、優れたコピーについて考えていきます。
(司会)山下 (参加者)山下・高橋・堀江・吉村

司会

さて、第一回目のテーマは「コロナを乗りきる」キャッチコピー!

外出自粛や、テレワーク通勤などが求められている今、MOSICでも完全テレワークでの勤務がスタートしました。今回の「キャッチコピー大会」も、みなさんご存じの「ZOOM」を利用して行っています。早速ですが、皆さんの感想から聞いていきましょう。

はい。僕は正直、コピーを書くのはあんまり得意じゃないなぁと思いました。
僕は絵を描くので、その手順ならわかるんですが、それと同じように「キャッチコピー」を書く時の手順や、ノウハウがあるなら知りたいですね。

高橋
吉村-2

書いてみて、正直難しかったです。
今回の「コロナを乗り切る」というテーマですが、誰に対して書くとか具体的なことが決まっていなかったから特に困りました。今回は、日本の国民の皆さんに対する、スローガンのイメージで書きました。

素敵なコピーって「そうだ、京都行こう」みたいに、バシッと短文で決めているイメージがあるんですけど、いざ書こうとするとダラダラ長くなってしまいました。
山下
堀江
吉村さんは、ターゲットがわからないって言ってましたけど、私は自分で決めて書きましたね。
そのあたりの違いも出てきそうですね。
司会

テレビ電話に関する、キャッチコピー

司会

では、さっそくキャッチコピーを紹介していきたいと思います。
まずは、テレビ通話に関する2つのキャッチコピーを紹介していきたいと思います。

(山下作)

(堀江作)

司会
高橋さんは、この2つのキャッチコピーに投票していましたよね。この2つのコピーのどこがいいと思いましたか?
この2つのコピーなんですけど、どちらも押しつけがましくないのがいいなと思いました。メッセージ性が強すぎず、生活にすごく近くてサラッとしているのがいいですよね。
高橋
山下
素敵なコピーって「そうだ、京都行こう」みたいに、バシッと短文で決めているイメージがあるんですけど、いざ書こうとするとダラダラ長くなってしまいました。
私のコピーは、婚活のCMっぽく聞こえますけど、外出できない分、テレビ通話で仲良くなれたり、内面を知ることができるよねって、思って書きました。
堀江
ありがとうございます。
司会

オンライン飲み会に関する、キャッチコピー

司会

さて、テレビ通話で話題といえば、「リモート飲み会」。
「オンライン飲み会」とも言われていますよね。
次は、この「リモート飲み会」に関する、2つのコピーを紹介していきます。

(高橋作)

(山下作)

1番目の作品、パッと見て、高橋さんのだと思いました!
堀江
高橋

そうですね。僕は、キャッチコピーってシンプルなものを、バン!と、出すのがいいとおもいます。
シンプルなキャッチコピーと、コピーに沿ったビジュアルで、バチッと、決まるのが理想ですね。

私、今回母がすべての作品を読んでコメントをくれたんですけど、この作品は映像がついていないと成立しないと言っていましたね。
堀江
高橋

そこも、コピーを書いていて思いましたね。
ビジュアルありきで、成立するコピーは、いいコピーなのかどうなのか。その判断が作っていて難しかったです。

2つ目のコピーは、今回の準優勝作品です。投票した吉村さん、感想をどうぞ
司会
吉村-2
僕は結構良いと思いました。今の状況だけでなく、コロナが終わった後の楽しみも伝わってきて、幸せな気持ちになりますね。
私の母親も、これいいねって言ってましたよ。
堀江
山下

ありがとうございます。
私の場合、1人で大阪に住んでいることもあって、毎日がこんな感じなんですよね。
離れた場所に住んでいる友人が多くて……いや、近くでも今は自粛すべきですが。
この状況をそのまま書きました。

では、もう1つ紹介したいと思います。
司会

オンライン飲み会に関する、キャッチコピー

(吉村作)

なんか、映画とかのキャッチコピーで、ゾンビとか出てくるやつもこんな感じですよね。
なんか、韻を踏んでいていいな、と。あと力強さがあるなと

山下
堀江
私の母は、いいけど少しくどいって言っていましたね。 もうちょっと手を加えたらもっと良くなるって言ってましたね
では、もう1つ紹介したいと思います。
司会

(高橋作)

私投票しました。
薬のコマーシャルみたいなんですけど、このテンションの高さと言い切りがすごいなと思って(笑)

山下
高橋

韻を踏んでやろうと思って。
キープって、ほかの言葉があったかもしれないんですけど。
家の中で本を読んだり、映画を見たり……。イメージとしては、おうちでも楽しいこといっぱいあるでしょと、いう思いを込めましたね。

これ、あれですね。命をセーブのほうがいいんじゃないですか?
堀江
高橋
あ、そうですね。いや、確かに。
少し、落ち着いた感じになりましたね。
山下
司会
では、最後に1番票数の多かった作品を発表したいと思います。

今回のベストコピーは?

(堀江作)

12本ある中で、ダントツこれがよかったですね。
コロナを乗り切ろうというテーマのなかで、だれが見ても頑張ろうと思えるコピーだと思います。
ひきこもるっていう表現がネガティブな気もしたけど、そのほうが伝わるのかな。

吉村-2
高橋
「ひきこもる」ってネガティブな表現だけど、それが「ヒーロー」にかわることで、ギャップが出ていいと思いました。

私は最初に、引きこもりが最優秀模範生というか……そんな感じのことを連想しました。
引きこもりとは対照的なヒーローという単語を使って、みんなが取り組むことのできそうなコピーにしました。

堀江
司会
今回のベストコピーに、高橋さんがビジュアルをつけてくれました。

「ひきこもる」という平時はネガティブかつ誰でもできる行為が、このような状況下では英雄的な行為になるんだよ、というメインメッセージと、
「ひきこもる」と「ヒーロー」のギャップに焦点をあてて制作しました。

高橋
堀江
「ひきこもり」「ヒーロー」のギャップが、イラストが入ることでより際立ったと思います。「誰でもできることで、世界を救えるんだ」というメッセージに気づいてもらえたらうれしいです。

ビジュアルとしてはおもしろいのですが、「乗り切ろう」というより「やりすごそう」という少し他人ごとのような印象も受けました。
もしかしたら良い印象を持たない人もいるのではないか。僕にはこのビジュアルが正解なのか少し疑問に感じました。
あらゆる受け手がどんな感情を持つかを想像し、コピーもビジュアルも考えていくことは大切だと思います。

吉村-2
山下

受け取り手が、どう思うかって難しいですね。
私は逆に、テレビやインターネットにはキツイ言葉があふれているので、メッセージ性は強いけれど、力を抜いて見ることができるものは貴重だなと思いました。

例えば、吉村さんなら、どのようなビジュアルにしてみますか?
司会
吉村-2
個人的には、昔の日本画のような屋根のない俯瞰の構図で、あらゆる家の内側が見え、それぞれが家に引きこもっている様々な様子が描かれている。そして、みんながヒーローの姿になっている。そんながビジュアルがいいのではないかと思いました。

なるほど、コピー1つで、色んな見せ方ができますね。
実は今回、吉村さんの意見を受け、もう1パターン作成しています。そちらも見ていただけますか?

高橋

ひきこもりの怠惰な情景が「のりこえる」より「やりすごす」といった他人事なメッセージに繋がってしまうという吉村さんからの指摘と、堀江さんからテレビ通話にしてみては?というアイデアを受けて、再度描いてみたものです。
コピーとのマッチ度やビジュアルとしてのよさは最初のものよりは劣るかなと思いますが、外との繋がりが出ることで、また違ったメッセージの伝え方にはなったかと思います。

高橋
堀江
若者世代である自分が家族に感染させてしまうことが一番怖い。田舎の祖母が心配だけど、今は会わないことが孝行だと思って辛抱しています。同じ気持ちで自粛をしている皆さんに寄り添ってくれる1枚だなと思いました。
友人や家族に会いたいけどテレビ通話で我慢している。そんな姿は「誰もが誰かのヒーロー」になれるというメッセージとマッチしていると思います。あたたかな場面とともに「コロナを乗り切ろう」という感情が湧いてくるように感じました。
吉村-2
山下
1枚目と同様に、静かに寄り添ってくれる、良いビジュアルだと思います。 「緊急事態宣言」が出て、2週間が経ちました。気持ちが緩むときですが、しっかりと家に居ようと改めて思いましたね。

みなさん、ありがとうございました。
キャッチコピーだけではなく、ビジュアルに関してもたくさんの意見が出たかと思います。ぜひ、次回以降の作品への糧にしてくださいね。
それでは、次回をお楽しみに。また、お会いしましょう。

司会

キャッチコピー・ラボ

キャッチコピー・ラボとは?

キャッチコピー・ラボへようこそ キャッチコピー・ラボとは、毎回、お題をもとにキャッチコピーを考えるMOSICのワークショップです。