2020-04-24

どっこいデザイン道:1日目「Adobe公式動画でデザインの基礎を学ぶ」

暴露します。
「独学でやってみよう!」と思ったこと、実はこれが初めてじゃないんです。

ライターの仕事を始めてから、グラフィックデザイナーさんとお仕事するようになりました。
簡単なバナー作成の仕事の依頼が来たこともありました。

その都度デザイナーへコピーを渡し、画像として仕上げてもらうというやりとりを繰り返す中で
「これ自分でやれたらめっちゃよくない?」というモヤモヤをすっきりさせたく、
会社PCにインストールされたイラストレーターを起動しては挫折する・・・そんな6年間でした。

前置きはさておき、なので、独学でデザインを習得しようとしたことは何度もあったんです。
ただ、いろいろな理由で何度も挫折して、基本の使い方はなんとなく知っている状態です。

今回周りにこうやって宣言もしてしまったので背に腹は代えられぬという追い込みで一から学びなおしです。
感覚的にイラレをさわっていましたが、ちゃんと各コマンドの役割や効率のいい順序などを把握したい!
だって、プロになるってそういうことだと思うから。。

「独学 Illustrator」でいろいろ調べることから、1日目、スタートです!

ちなみに、本企画で使用している上記のような画像類はすべてイラレで作っています。今後これらのパーツが洗練されていくことを楽しみにしていてください。

動画教材はAdobe公式「ことはじめシリーズ」

探せばIllustratorやPhotoshop等、さまざまな制作・編集ソフトの無料動画講座が出てくる時代です。いい時代です。

良質な動画教材はたくさんありますが、やはりここはアドビ公式が提供しているチュートリアルでキホンのキを学んでいきたいと思います。一緒に手を動かすもいいし、作業で疲れてきたらちょっと息抜きにお菓子を食べながら動画1本見るのもおすすめです。

Step1「図形で絵を描く」

だいたい知ってた。でも、丸い屋根を三角形の角丸で作るのは目からウロコ!

Step2「アイコンを作成しよう」

  • 2つ以上のオブジェクト(図形)を合体させる「シェイプ形成ツール(Shift+M)」→型抜きにも使える(Alt+ドラッグ)
  • 変形の繰り返し(Ctrl+D)が便利

Step3「印刷物の作成」

  • tab の活用
  • 角丸 おしたまま矢印キー上下で凸レイアウト変更(早速1日目のタイトル画像に使ってみた)
  • スポイトツール 色のみ取りたいとき→Shiftしながらスポイト選択

この3ステップの動画全部を見ると1時間ほどでした。本当に最初の入り口なので、すでに知っていることも多かったのですが、しっかり説明を聞きながら復習することができたので見てよかったと思います。

今回の動画で初めて知ったことも多かったので、次回はこの3ステップを思い出しながら自分で1作品作ってみます。

2日目の目標「動画の復習」!

関連記事