サボり方改革

「サボる」の語原は、フランス語の「サボタージュ」。工場の機械を壊すなどして雇い主を弱らせる、労働争議の手段としての意味があるようです。 単に怠けることだと思っていましたが、戦略的な行為が言葉のはじまりだったんですね。 も …

サボり方改革、はじめました。 もっと読む »